神保町の老舗画材屋「文房堂」ってどんな画材が売ってる?

神保町の老舗画材屋「文房堂」ってどんな画材が売ってる?

神保町を歩いていると老舗っぽい大きな画材屋さんがあります。

ここ文房堂っていって明治20年に創業したお店らしいですね。新宿世界堂や銀座伊東屋には良く行くんですが、個人的にここはあんまり積極的に行ってなかったので、どんな感じか見てみました。

1F・絵画用画材、デザイン用品

1Fフロアの入口側は雑貨コーナー

1Fフロアの入口側は雑貨コーナー

1Fフロアの奥側・絵画用の画材が売ってる

1Fフロアの奥側・絵画用の画材が売ってる

入り口からお店に入ると1Fの手前スペースにはいろんな雑貨が置いてあります。で、奥に進むと画材コーナーがあって、絵の具や筆、キャンバスや製図用品なんかが売ってます。主に絵を描く人用の画材が置いてありますね。油絵具、アクリル絵の具、水彩絵の具など絵を描く人にとっては必要な物がほぼほぼあるんじゃないかな?という感じです。

カリグラファーには必須のウィンザーニュートンのデザイナーズガッシュも

カリグラファーには必須のウィンザーニュートンのデザイナーズガッシュも

ちなみにここにもウィンザーニュートンのデザイナーズガッシュが売ってました。他にもGペンとか、カリグラフィーをやる人にとっては便利なラインナップです。

作品なんかを持ち運ぶためのケース、結構大きめの物も売ってる

作品なんかを持ち運ぶためのケース、結構大きめの物も売ってる

いつも画材は銀座伊東屋で買うことが多いんですが、銀座や新宿よりも神保町がアクセス良い人にとっては便利そうですね。

ちなみに自分は柏に住んでるんですが、柏の画材屋ってウィンザーニュートンが置いてないんですよね・・・。ホルベインはあるんですが。どうしても都内に出ないと買えないので、色んなお店知ってると良いですよね。

2Fに上がる階段にはたくさんのポストカードが

2Fに上がる階段にはたくさんのポストカードが

ルドゥーテのボタニカルアートのポストカードも

ルドゥーテのボタニカルアートのポストカードも

2Fに上がる途中の階段にはポストカードがたくさん並んでいます。ボタニカルアートのポストカードなんかも売ってました。

2F・木版、銅板用画材

2Fには版画用の画材が売ってる

2Fには版画用の画材が売ってる

2Fに上がるとここは版画用の画材が置いてあるみたいですね。

木版画とか銅板画とかやる人用の画材って感じですね。自分にはちょっと敷居が高いというか、まあ普段は使わない画材ですね。

版画は自分にはできません。ルデゥーテのボタニカルアート、薔薇図譜は銅板画で作られているそうですが、まあー大変な作業でしょうね・・・。ルデゥーテが描いた原画を元に技師が銅板で版を作って印刷したものにさらにルデゥーテ本人がさらに手で彩色をしているらしいですからね。

というわけで個人的には2Fにはあまり寄らなそうな感じではあります。版画をやる人はここで色々買うんでしょうね。

3Fに上がる階段にもポストカードが

3Fに上がる階段にもポストカードが

カリグラフィーのポストカード

カリグラフィーのポストカード

さらに階段を上がっていくと、やっぱりポストカードが飾られています。カリグラフィーの作品っぽいポストカードも置いてありました。

3F・ギャラリーカフェ

3Fはギャラリーカフェになってる

3Fはギャラリーカフェになってる

3Fに上がるとカフェになってます。ちなみに階段で上がれるのは3Fまでで、さらに上のフロアにいくにはエレベーターで行くんですかね?

時期ごとにいろんな展示やってるんですかね??

時期ごとにいろんな展示やってるんですかね??

このカフェはギャラリーも兼ねているみたいで、絵の作品が飾られていました。誰でも観賞自由ですみたいに書いてあったので、カフェを利用しなくても見たい人は観れるんですかね?ちょっとちゃんとは聞いていないですが。

まとめ

1Fから3Fは吹き抜けになってる

1Fから3Fは吹き抜けになってる

というわけで神保町・文房堂のお店についてでした。さらに上の階には額縁が売ってたりギャラリーやアートスクールのコーナーなんかもあるみたいですね。ちょっと今回は見ていないですが・・・

普段からあんまり積極的に画材屋さんを探しているわけではないんですが、世界堂・伊東屋意外にも欲しい画材が置いてあるお店があるのを知れてよかったです。

もし知らない人がいたら、よければご参考に。それでは〜

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事