日本に憧れた医師・シーボルトってどんな人?
日本に憧れた医師・シーボルトってどんな人?

シーボルトって名前は聞いたことあるけど具体的にどんな人だっけ?という人もいるんじゃないでしょうか。

大航海時代の頃からヨーロッパ人たちは未開の地アジアへの関心が非常に高まり、船を出して進出して行ってたそうなんですが、シーボルトもそのうちの一人です。

時代的には江戸時代後期に日本にやってきた人ですね。

シーボルトは日本に西洋医学を伝え、また最初に日本にボタニカルアート(医療用植物画)を持ち込んだ人でもあるんですよね。

そんなシーボルトってどんな人なんでしょうか?

オランダ商館医師になることで日本に入国した

この人はお医者さんですね。生まれはドイツです。

シーボルトは若い頃から日本に強い興味を示していたそうです。なぜそんなに日本に憧れていたか理由ははっきりとは分からないそうなんですが、以前に何人かのヨーロッパ人が来日した経験を文献に残していて、それを読んで強く影響されたみたいですね。

どうしても日本に行きたかったシーボルトは商館医師を目指します。

商館医師とは長崎の出島にあったオランダ商館に在中する医師のことだそうです。

江戸時代後期の日本は鎖国していたので他国と貿易をしなかったんですが、オランダとだけは取引していたんですね。長崎は西から来る外来船の玄関口だったので出島と言う人口島を作ってそこにオランダ商館を設置していたのだそう。

そこに勤める医師になることが、唯一日本に行く手段だと考えたシーボルトは自分をオランダ人だと偽って日本に入国したそうです。

なんでオランダだけと貿易していた?

なんでオランダだけ?

なんでオランダだけ?

ちなみになんでこの当時の日本でオランダだけが貿易を許されていたのかというと、他の国と違ってキリシタンを連れてきたりして西洋の思想を持ち込むことなく、純粋なビジネスとして取引をしていたのがオランダだけだったからだそう。

(※正確には中国とも貿易をしていたらしいです。)

当時のヨーロッパは産業革命のただなかにあって、より安価に原料を仕入れたり、原料として使う植物を栽培できる土地としてアジアに目をつけていました。なのでアジア諸国を植民地化しようとしていたんですね。

そういう思惑が透けて見える諸外国を日本は退けていた、というわけだそうです。

蘭学を日本に伝えた

蘭学(らんがく)とはオランダを通じて日本に入ってきた西洋の医療技術だそうです。

当時日本に出入りしていたのはオランダだけなので、西洋の医学=蘭学(オランダの医学)という呼び方なんですね。当時の医療技術は日本よりも西洋の方が進んでいたんでしょうね。

日本の蘭学者たちがシーボルトに教えてもらおうと集まるように

シーボルトは日本語が話せないので通詞と呼ばれる通訳の人たちを間に入れてやりとりをしていたそうなんですが、通詞の中には自身も蘭学を学んでいる人たちがいました。

その人たちを中心に蘭学を教えていたそうですが、そのうち噂を聞きつけた医者や町民がシーボルトに技術を教えてもらったり病気を見てもらおうとしてどんどん集まってきたそうです。

最初は出島から出ることが許されなかったシーボルトですが、そのうち外に出ることが許され長崎の鳴滝という場所に蘭学を教えるための学校、鳴滝塾(なるたきじゅく)というものができてそこで日本人に蘭学を教えたそうです。

こんな風にして西洋の医学が日本にも入ってきたんですね。

日本人初のボタニカルアーティスト、川原慶賀

シーボルト日本の植物から薬の調合に使えそうな薬草を採集しては、その植物の図版を日本の絵師に描かせていたそうです。

その絵師が川原慶賀(かわはらけいが)という人ですね。

この人はあまり文献が残っていないのか、あんまり詳しい情報はないのですが、おそらく日本人初のボタニカルアーティストではないか?と言われている人です。

絵師・川原慶賀の描いた絵

絵師・川原慶賀の描いた絵

絵師・川原慶賀の描いた絵2

絵師・川原慶賀の描いた絵

オランダ商館に在中しているオランダ商人や医師たちは5年に1度ほど江戸に挨拶に行くならわしがあってシーボルトも行ったそうですが、川原慶賀も一緒について行ったりしたそうです。

愛する日本人女性との間に子供をもうけた

正式に結婚をしていた、というわけではないと思いますが、シーボルトには愛する日本人女性がいたそうです。

楠本お滝という人です。シーボルトは、おたきさんと発音できなくて「オタクサ」と呼んでいたそうですね。

紫陽花に愛する女性の名前をつけた

紫陽花に愛する人の名前をつけた

紫陽花に愛する人の名前をつけた

日本にはまだ世界に知られていない植物がたくさん咲いているので、シーボルトは新種の植物を見つけては学名をつけていたそうですが、美しい紫陽花の1種に「ヒドランゲア・オタクサ」というお滝さんの名前をつけています。

この話もけっこう有名みたいです。

シーボルトの娘は日本で最初の女性医師

シーボルトとお滝さんの間に生まれた娘「いね」は、シーボルトが日本を去った後、シーボルトから蘭学を教わった日本人から蘭学を教わったそうです。

いねは日本で最初の女性医師と言われているそうですよ。

シーボルト事件

シーボルトが日本に来て良いことばかりではなかったみたいです。

「シーボルト事件」と言われる日本人の中にたくさんの犠牲を出した事件があったそうです。これは江戸時代後期の日本を軽く揺るがせた事件と言われてるみたいですね。

鎖国をしている日本が西欧列強に飲み込まれていく時代の最初の事件と言えそうです。シーボルト事件とはどんな事件なんでしょうか??

どうしても欲しかった日本地図

医者として医学を広めにきたシーボルトですが、原動力になっているのは未開の地、日本への強烈な探究心です。

当時、西洋には日本の詳細な地図がなく、どんな地形なのか詳しく伝わってなかったみたいです。

シーボルトが来日した時点で、すでに伊能忠敬らが精巧な日本地図を作成しており、シーボルトはどうしてもその地図が欲しかったそう。

そこでシーボルトは伊能忠敬の師匠、高橋至時(よしとき)の長男 高橋作左衛門(さくざえもん)という人に、日本では手に入らない西洋の資料と引き換えに、日本地図の模写を用意させます。

こうしてシーボルトは日本の精巧な地図を手に入れることに成功します。

・・・・・・が、

たくさんの通詞や学者が粛清された

地図を手に入れたシーボルトですが、当時の日本では外国人に日本の地図を渡すことは国禁として固く禁じられていたそうです。

上でも書きましたが、幕府は日本を植民地化しようとする西洋の国に対して過敏になっていて、日本の最重要機密である日本地図を流出させることは死刑になりかねない重罪だったみたいですね。

最終的にはこれがバレて、シーボルトを慕っていた関わりの深い日本人たちが次々と投獄され尋問を受けたそうです。当時の日本の尋問はとても厳しく、耐えかねて自殺する人や衰弱して獄中死する人も出たそう。

シーボルトに地図を渡した高橋作左衛門は死刑判決を受けたそうです。(実際には死刑執行前に衰弱によって獄中死。)

まとめ

こうして6年ほどに渡るシーボルトの日本在中は終わったそうです。シーボルトは2度と日本に足を踏み入れないという条件で国外追放という形で帰国することになったそうです。

自分を慕ってくれていた日本人が粛清され、お滝さんといねを残して祖国に帰るわけですから、シーボルトの焦燥感は小さくはなかったでしょうね。

悲しい事件も起きましたが、こんな風にして西洋の医学や知識が日本に伝承され、また日本の情報も後にシーボルトによって西洋に伝えられることになるんですね。

この後日本を訪れて開国を迫ったペリー提督も、この時のシーボルトがまとめた日本の情報を読んで来日したそうです。

この30年後にシーボルトは再び日本に来日して、娘のいねや昔の仲間たちと会ったりしたそうですよ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事