銀座伊東屋で「紙と美しい文字・カリグラフィーの魅力」イベント見てきました
銀座伊東屋で「紙と美しい文字・カリグラフィーの魅力」イベント見てきました

カリグラフィー教室で都内に出たので、今日は帰りに銀座伊東屋によってきました。

銀座・伊東屋

銀座・伊東屋

twitterのタイムラインに7F竹尾ペーパーのイベントスペースで「紙と美しい文字・カリグラフィーの魅力」というのをやっているという情報が流れてきたので行ってみようかと。

興味はあるけど地方在住だったり、時間がとれず見に行けないという人がいたら、簡単にどんな感じだったかシェアしていきますね。

竹尾ペーパーのイベント:紙と美しい文字・カリグラフィーの魅力

銀座伊東屋で「紙と美しい文字・カリグラフィーの魅力」イベント見てきました

7F竹尾ペーパーのイベントスペース

7Fの竹尾ペーパーはたまに紙を買いに行くんですけど、一番奥の窓側のトコってちょっとしたスペースがあってイベント展示してたりするんですよね。

イベントのウェルカムボード

イベントのウェルカムボード

今回は竹尾の色々な紙とカリグラフィーのコラボレーション展示といったような、いろんな紙が紹介されていて、ちょっとした販促イベントみたいな感じですかね。紙の名前とかは特に書かれて無いんですけどね。

こんな使い方できますよ、といった感じでしょうか。

カリグラフィー体験スペース

イベントの看板・カッパープレート書体で「calligraphy」と書かれています

イベントの看板・カッパープレート書体で「calligraphy」と書かれています

イベントスペースに行くとカッパープレート書体で「Calligraphy」と書かれた緑色の看板が大きく飾られていて一番最初に目に入ってきました。

カリグラフィー体験コーナー

カリグラフィー体験コーナー

その手前にはカリグラフィーの簡単な講座動画みたいなものがタブレットに流れていて、ペン軸やニブ、紙が置いてあります。

タブレットにはレッスン動画が流れていました

タブレットにはレッスン動画が流れていました

「書いてみたい方は店員までお声がけください」と書いてあるので、興味のある人は動画を見ながら少しカリグラフィーを体験できるんでしょうね。

イタリック体の見本

イタリック体の見本

イタリック体のお手本が置いてありました。動画は全部見てないですが、おそらくイタリックの書き方を紹介してるんですかね。

メインスペース・小作品のディズプレイ

メインスペース・紙とカリグラフィーのディスプレイ

メインスペース・紙とカリグラフィーのディスプレイ

その手前にはカリグラフィーの小作品みたいなものがたくさんディスプレイされています。ここがメインのコーナーみたいな感じでした。

グリーティングカードや包装紙など色んな書体で書かれていました

グリーティングカードや包装紙など色んな書体で書かれていました

手前はウェディングのウェルカムボード・そのほかカリグラフィーで宛名書きされた封筒や小作品たち

手前はウェディングのウェルカムボード・そのほかカリグラフィーで宛名書きされた封筒や小作品たち

宛名書きされた封筒やウェルカムボード、絵柄も描かれたグリーティングカードなど様々で、竹尾ペーパーとのコラボみたいなので色んな種類の紙にカリグラフィーで文字が書かれてます。

マーメイドかな?

マーメイドかな?

これはレザックっぽいですね

これはレザックっぽいですね

カッパープレート書体に花柄のデザイン

カッパープレート書体に花柄のデザイン

外国の男性2人組が僕の後からきて見てましたね。あとは若い女の子2人組がやってみようかな〜、とかちょっと習ってみたいみたいなことを言いならが見てる感じでした。

マーカーペンコーナー

カリグラフィー用のマーカーペンがたくさん置かれています

カリグラフィー用のマーカーペンがたくさん置かれています

さらにその手前には、カリグラフィーのニブやインク、あとカリグラフィーマーカーペンの「ZIG」シリーズがたくさん並んでいて、紙も用意してありサンプルで自由に書いて良いそうです。

ZIGカリグラフィーペン

ZIGカリグラフィーペン

ZIGのマーカーペンてカリグラフィーの練習には良いですよね。僕も何本か持ってますが、ちょっと書きたいみたいな時は便利です。

ウィンザーニュートンのドローイングインク

ウィンザーニュートンのドローイングインク

ニブも置いてありました、スピードボールの幅ペンにハントアーチストのポインテッドニブなど

ニブも置いてありました、スピードボールの幅ペンにハントアーチストのポインテッドニブなど

カリグラフィーの練習帳

カリグラフィーの練習帳

そして練習帳みたいなのが売ってましたね。カッパープレート体とイタリック体の2種類でした。やっぱりカッパーとイタリック人気みたいですね。

こちらはマーカーペンで書くカリグラフィー教本みたいですね

こちらはマーカーペンで書くカリグラフィー教本みたいですね

カリグラフィー書体を説明するキャプションボード

カリグラフィー書体の種類や歴史を紹介するパネル

カリグラフィー書体の種類や歴史を紹介するパネル

さらにその後ろ(タイトルの緑色の看板の反対側)の壁にはカリグラフィー の書体について大きなキャプションボードみたいなものがかけられています。

説明されていたのは以下の書体

  • ローマンキャピタル体
  • ラスティック体
  • アンシャル体
  • ハーフアンシャル体
  • カロリン体
  • ゴシック体
  • ヒューマニスト体
  • イタリック体
  • カッパープレート体
  • こんな感じですね。カリグラフィーが発展していった歴史順に紹介されていました。

    まとめ

    というわけで駆け足で見てきました。

    カリグラフィーを紹介するイベントてあんまりやってないから、こういうのもっとやって欲しいなと個人的に思います。カリグラフィーじゃなくてもボタニカルアート展とか。中世とか16〜19世紀あたりの書類や販促物のデザインとかすごく素敵だから見てみたいな。

    以上ですmm もし見たかったけど見に行けないという人がいたらご参考に。

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    おすすめの記事