コレクターやファンに向けて
コレクターやファンに向けて

こんにちは、出口です。

今回はカリグラフィーで食べていく事はできるのか?というテーマで現在の自分の心境を書いていこうかと思います。

自分が素晴らしいと思って始めたカリグラフィーやボタニカル水彩画。こういう技術を使ってプロとして生きていくためにはどうしたら良いのでしょうか??

もし同じようなことで悩んでいる人がいたら、一緒に考えていきましょう。

カリグラフィーを使った商品・サービスは?

僕自身、現在は会社に努めながらカリグラフィー や絵の勉強をしていて、これ一本で食べていけるプロにはなれていません。

ほとんど皆そうなんじゃないですかね?? 会社に努めながら、アルバイトをしながら、もしくは主婦業のかたわら、という人がほぼほぼだと思います。

でも少しずつプロと呼ばれる方向に向かっていきたいと考えています。

そこで現実的にカリグラフィーや絵の仕事で食べていくために収益化できる方法を考えてみると・・・

講師になる

参加させてもらったワークショップ

参加させてもらったワークショップ

まあこれが1番現実的ではありますよね。

画家、カリグラファー、彫刻家などを目指して活動している人たちはもれなく講師業をしているようです。

絵やカリグラフィー を練習して技術を高めていると、どうしても自分の作品を販売するもしくは企業案件を受ける、といった事で収入を得れるようになりたいと思いがちで、実際に今まで僕自身もそう思っていました。

しかし絵やカリグラフィーというのは例えば僕に描いて欲しいという人よりも、自分が描いてみたいと思う人の方が割合が多いようです。

この事を考えると定期的に収益が発生する現実的な方法としては、やはり自分の技術を人に教える、ということをやっていった方が良さそうだと最近では思います。

いきなり教室を運営するのはハードルが高そうとも思うので、直近としてはワークショップを開催する、テキストを販売するとかですかね。

アート作品を販売する

インテリアとして

インテリアとして

コレクターやファンに向けて

コレクターやファンに向けて

続いて作品の販売ですかね。

アート作品の販売というと、敷居が高そうに感じますが、美大を出た画家志望の人たちなんかは定期的に個展を開いて自分の絵を販売したりしているみたいです。

カリグラフィーも同じように販売していった方が良さそうですが、はたしてカリグラフィーの作品って売れるのかな??と疑問に思うこともあります。

アート作品を購入する人ってどんな人たちなんでしょうか??考えられるのは・・・

  • 家のインテリア(特に新築で家を購入した人)として気に入ったアートが欲しい
  • アートの展示などにもよく足を運ぶような見識の高い人たちがコレクションとして購入する、いわゆるコレクター
  • そのアーティストのファンだから
  • 家のインテリアとして購入する

    以前、僕が書いたボタニカルアートの作品を家に飾りたい、といって購入してくれた人がいました。原画ではなくキャンバスボードに印刷したものです。

    ナンテンの絵でした。

    その人は新築で家を購入したらしく、まさに家のインテリアとして気に入った絵が欲しいという事でした。すでに長年住んでいる家よりも、新築で購入した、または引っ越してすぐの人の方が、壁に飾れるアート作品を購入する割合が高いのかな?と感じます。

    コレクターが購入する

    アート作品のコレクターって一定数はいるみたいですね。

    ゆっても僕は実際にあったことがないのであんまりピンとは来ないのですが、資産がある会社経営者の人だったりですかね。

    もしくは自身が美大などを出ていたり、趣味として絵やカリグラフィーを少しでも書いたことがある人?

    基本的にアート作品って価値がわからないと購入には至らないと思うので、よっぽどその分野の知識がある人か、実際に自分が描いたことがある人、じゃないとなかなか難しいのかな?とは思いますね。

    興味がなければコレクションしたいとは思わないですからね。

    ファンだから購入する

    最後はそもそもそのアーティストのファンだから、という理由で購入するパターンですかね。

    すでにその人の作品やこれまでの活動内容、また人となりをわかっていてファンになっているからその人の作品が欲しい、と思ってくれるという事ですね。

    これが1番理想的のような気はしますが、よほど作品に魅力がある、もしくはこの人からなら買いたい!と思われるような人間性、信頼関係がないと購入には至らないのかな?とも思います。

    でも目指していけたら素晴らしいですね。

    企業案件を受ける

    お店のロゴなどのデザイン

    お店のロゴなどのデザイン

    続いては企業案件です。

    お店やイベントなどのロゴを制作して欲しい、もしくはパッケージの絵柄をデザインして欲しい、とかですかね。あとは筆耕とか。

    これはアートというよりかはデザインの仕事ですね。

    もしくはホームページやSNSなどで発信しつつ、ポートフォリオを持って直接営業をかけるのが現実的そうです。

    参加させてもらったライブイベント

    参加させてもらったライブイベント

    デザイン案件の他には企業の販促イベントなどで行うライブカリグラフィーなんかもありそうです。写真のものは通っているカリグラフィー教室で助っ人として参加させてもらったものです。

    ちなみに自分でもライブカリフラフィーの案件を受けようと企業に営業をかけたことがあったんですが全滅でした・・・・(笑)

    けっこう有名なブランドに営業をかけたからというのもあると思いますが、ライブカリグラフィーなんかの案件を受けるには、ただカリグラフィーが書けるというだけでは難しいみたいで、例えば書籍を出版している、もしくはある程度講師としての実績があるなどある程度の権威性?や集客力がないと難しいのかな?と個人的に感じました。

    逆を言えば活動実績があってそれを発信をし続けていれば、企業案件が舞い込んでくるようになるのかなとも思います。

    商品やグッズを販売する

    ウェディングペーパアイテムの販売

    ウェディングペーパアイテムの販売

    披露宴の様子

    披露宴の様子

    最後に商品販売です。

    僕なんかはウェディングペーパーアイテムや、ポストカード・レターセットなどのステーショナリーを販売したりしています。あとはウェディング席札の筆耕とかです。

    やっぱり絵やカリグラフィー が書ける利点をうまく使って何かしらの商品に落とし込んで販売するのもアリと思います。

    ただ、商品販売はゆっても小売業なので、これのみで生計を立てるというのはなかなか難しいかも・・というのが個人的な感想です。

    定期的に商品を作って、ホームページやSNSで集客、そして梱包、発送。ウェディングペーパーアイテムなんかは受注すれば中紙の制作といったオペレーションも発生してきます。

    これを個人で回し切るというのは実際にやってみて思いましたが、なかなか骨が折れますね。それに小売は1つ売れても収益は少ないです。大手企業が安くて質の良い商品を大量に販売している中で個人で売っていくにはオリジナリティーと戦略が必要のように感じています。

    まとめ

    というわけでカリグラフィー や絵を使ってどうやって食べていけば良いのか?ということを現時点で自分で思う方法をまとめてみました。

    時間をかけて習得しているカリグラフィー。せっかくなら何か仕事に活かしたいですよね。

    僕もまだまだで色々と勉強中ですが、同じようにプロとして食べていくにはどうしたら良いだろう?と悩んでいる人の参考になればと思います。

    一緒に頑張っていきましょう〜

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    おすすめの記事