【メイキング】カリグラフィーでお洒落サンキューカードを作ろう
【メイキング】カリグラフィーでお洒落サンキューカードを作ろう

こんにちは、出口です。

友達にメッセージカードを渡すときに自分で手作りできたら素敵だと思いませんか?
カリグラフィーを使うと簡単に素敵なカードを作ることができるんですよ。

今回はポインテッドニブという先が尖ったニブだけを使って作る2つ折り「ThankYouカード」の作り方メイキングを書いて行きます。

メイキング動画

紙をカットする

まず紙を用意します。今回はワインレッドみたいな色の紙を選びました。

紙を210mm×148mmにカットする

紙を210mm×148mmにカットする

この紙を2つ折りカードにしたいので、縦の長さをポストカードの倍の210mmに、横を148mmにカットしていきましょう~。

  • 210mm×148mmにカットする
  • トランサー(鉄筆)でセンターに折り目線(スジ)をつける

    トランサー(鉄筆)でセンターに折り目線(スジ)をつける

    縦のセンター105mmの位置に鉄筆で折り目線をつけてから2つ折りにします。

    タイトル文字「ThankYou」をセンターに書く

    ニブに絵の具をつけます。今回使うニブは「ジロット303」です。銀座伊東屋や新宿世界堂に売ってます。オンラインショップからも購入できます。

    絵の具はウィンザーニュートンの「パーマネントホワイト」を使ってます。

  • ポインテッドニブ→ジロット303
  • 絵の具→ウィンザーニュートン・デザイナーズガッシュ「パーマネントホワイト」
  • ニブに絵の具をつける

    ニブに絵の具をつける

    反対側にも

    反対側にも

    はじめにカードのタイトルになる「ThankYou」の文字をセンターに書きます。今回はカッパープレート書体で書いていきます。

    なんだかんだカッパープレート体が書きやすくて使い勝手も良いですね~

    紙のセンターにタイトル文字「ThankYou」を書く

    紙のセンターにタイトル文字「ThankYou」を書く

    文字をセンターに収めるコツは、ここら辺から書くとぴったりかな~と思う位置から、さらにほんの少し左側から書き始めて、右側が少し余りそうなら軽めのフローリッシュ(飾り線)をつけてバランスを調節します。

    タイトル文字が書けました

    タイトル文字が書けました

    タイトル文字が書けました!

    飾り枠のパーツの書き方

    ここから飾り枠を書いていきます。今回使うのはこんな感じのパーツ。このパーツを連続させて飾り枠を書いて行きます。

    飾り枠用パーツ

    飾り枠用パーツ

    パーツの書き方

    パーツの書き方

    パーツの書き方は上の感じです。必ず上の順番で書かなければダメってことではないですよ〜。

    飾り枠を書いていく

    カードの角から飾りを書いていく

    カードの角から飾りを書いていく

    ではカードの角から順番にパーツを書いていきましょう。

    まずパーツの1角目だけ書く

    まずパーツの1角目だけ書く

    いきなりパーツの全部を書くのではなく、まず1角目だけを3つくらい連続して書いて行きます。

    細かいパーツを書いていく

    細かいパーツを書いていく

    で、1角目を書いたら、パーツの細かい部分を書いて行きます。

    縦も同じように書いていく

    縦も同じように書いていく

    さっきはカード正面からみて横に飾りを書いていったので、紙を90度回転させて縦方向に同じようにパーツを書いていきます。

    パーツ同士のつなぎ目に飾りを書く

    パーツ同士のつなぎ目に飾りを書く

    縦横とパーツを書いたら、パーツ同士のつなぎ目に軽く飾りを入れます。

    反対側を書いて行きます

    反対側を書いて行きます

    片側を書き終わったら、カードの反対側も同じように書いていきます。

    同じようにパーツの大枠→詳細の順で書く

    同じようにパーツの大枠→詳細の順で書く

    さっきと同じように、まず大枠のパーツを書く→それから細かい部分を書いて行きます。

    完成

    完成

    上手く書けましたか?? これで完成です。

    まとめ

    2つ折りサンキューカード

    2つ折りサンキューカード

    と、いうわけでポインテッドニブで作るサンキューカードのメイキングでした。

    今回はワインレッドの紙にホワイトの絵の具で書きましたが、違う色で作ると、また全然違った雰囲気になるかもですね。

    タイトル文字を帰ればバースデーカードや他のグリーティングカードにもなります。よかったら作って見てください。

    それでは〜

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    おすすめの記事