【オススメの絵の具】カリグラフィーの練習には低価格の「S-1」を使おう
【オススメの絵の具】カリグラフィーの練習には低価格の「S-1」を使おう

こんにちは、出口です。

カリグラフィーを練習する時ってどんな絵の具を使ってますか??

僕は基本ウィンザーニュートンのデザイナーズガッシュで書いてるんですけど、画材って結構高いですよね・・汗 カリグラフィーは最初のうちはキレイな線が引けるまで何回も何回も書いていくので、気づいたら絵の具が減ってた!なんてことにもなりがち。

と、いうわけで今回はカリグラフィーを練習するときにこれを使ったらいいんじゃないかな〜という個人的にオススメの絵の具を紹介していきます。

カリグラフィーに使う道具のまとめはこちら↓↓↓

【初心者向け】カリグラフィーを書く為の道具を知りたい

  • 画材(絵の具)代を抑えたい
  • 練習にオススメの絵の具が知りたい
  • って人は是非読んでみてください。それではいってみましょうー。

    カリグラフィー の練習には「S-1」を使おう

    練習にはシリーズ1の絵の具がオススメ

    練習にはシリーズ1の絵の具がオススメ

    上でも言いましたが、画材って高いですよね・・・汗 なんとなく買ってると結構なお値段になっていきます。

    なので練習する時は上で紹介した価格の安い「S-1」を使うのがオススメかな〜と思ってます。

    そんな「S-1」シリーズ絵の具の中でも、濃度や色なんかでこの絵の具が使いやすいな〜個人的に思う絵の具を紹介していきます。

    カリグラフィーに使う絵の具についてはこちらで詳しく説明しています↓

    レッドオーカー / RED OCHRE

    彩度が少し低めのクラシックな赤色

    ウィンザーニュートン・レッドオーカー

    ウィンザーニュートン・レッドオーカー

    少しくすんだような赤色の絵の具です。

    カリグラフィーを書くときの絵の具って濃度も大事だったりするんですけど、絵の具って色によってはちょっと瑞々しい感じのサラサラした絵の具があるんですよね。

    サラサラ系の絵の具は、あんまりカリグラフィーの文字を書くのに向いてないので、少し濃度が高めな絵の具がオススメなんですけど、その点この「レッドオーカー」は濃度もちょうど良いです。

    書いてみるとこんな色

    レッドオーカーでイタリック体を書くとこんな感じ

    レッドオーカーでイタリック体を書くとこんな感じ

    実際にレッドオーカーでイタリック体を書いてみました。色はこんな感じです。

    プルシャンブルー / PRUSSIAN BLUE

    ネイビーに近い感じの青色

    ウィンザーニュートン・プルシャンブルー

    ウィンザーニュートン・プルシャンブルー

    ネイビーだともうちょっと暗い印象かもですが、なんとなくそんな感じの色です。

    濃いめなんですけど割と再度も高めなので、綺麗な感じの文字色になります。

    この色は濃度的には上で紹介したレッドオーカーに比べるとちょっとサラサラ系の絵の具なんですけど、少しパーマネントホワイトかネイプスイエローみたいな色が薄くて濃度の濃い絵の具を少しだけ混ぜてあげると濃度的には良い感じになります。

    書いてみるとこんな色

    プルシャンブルーで書くとこんな感じの色

    プルシャンブルーで書くとこんな感じの色

    実際に文字を書くとこんな感じです。

    まとめ

    まとめ

    と、いうわけで練習にオススメの絵の具の紹介でした。

    まとめると

  • 絵の具はシリーズによって値段が違う
  • 練習用には低価格の「S-1」を使おう
  • 個人的なオススメは「レッドオーカー」と「プルシャンブルー」
  • って感じです。よければご参考に!

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    おすすめの記事